配当金と税金 配当金と言う物は株や投資信託などを行っている際に配当金として受け取る事が出来るでしょう。この配当金には税金がかかりますが、確定申告を売れば、還付されることになります。配当金を支払っている会社の株主になれば、決算の時点で権利を持っているだけで配当金がもらえるでしょう。3月の決算で、四月に株主になれば、翌年の決算まで待って3月に初めて配当金を受け取る流れだと言えるのです。 株主総会で配当金の金額は決まりますから、株主総会がおわった6月の終わり頃に、配当金は手元に入ってきます。上場株式の場合の配当金は、10%という子尾になっています。 課税される所得税の合計金額が330万円より低い場合には10%の税金がかかってきますし、900万円以下は20%、そして、1800万円ともなると30%かかってくることになっているのです。 配当金で課税所得が3三十万円より低い場合には、確定申告をしたら、配当控除が適応されるので、源泉徴収の際の税金の還付が受け取れます。配当金の確定申告をすると言った場合には、株取引をしている会社などから送付がある配当金支払通知書をコピーしたものを、保存しておかなくてはダメです。これがないのなら確定申告の際に配当金の税金の還付申請が受けられないことになりますので注意して下さい。 株主になって利益を手にできる場合と言うものは、株の売買以外に、配当金での利益もあるのですが、これにも税金が掛かってきますから、注意しましょう。確定申告をした場合と、源泉徴収をした場合とどちらが有利か考えることも大切でしょうー